ヘッジファンドに勤務すると

10月 13th, 2014

ヘッジファンドというのは、富裕層や機関投資家などの限られた投資家から資金を集めて運用する資産運用会社ですが、このようなヘッジファンドに禁句しているとどのくらいの年収を得ることができるのでしょうか。

実力と実績の世界なので初年度から1000万円以上の年収を得ることが可能です。30代であっても数千万円もの年収を得ることはふつう。多い人では1億円の年収をもらうことも可能。通常のサラリーマンとは水準が違うほど、多くの給与を得ています。ただし、実力がない場合、会社に大きな損失を被らせた人などはすぐに解雇させられてしまうほど。年収が高いのでヘッジファンドに就職したいと思うかもしれませんが、簡単な世界ではありません。もうけられる人はほんの一握りなのです。

自分の担当している分の運用成績が悪ければ、ボーナスはおろか基本給も支払わないのです。さらにはクビということも珍しくない厳しい世界です。学歴が高いから偉いのではなく、もうけられる人が偉い世界といえます。

ヘッジファンドのマネジャーのトップになると数千億円もの年収を得ています。ちなみに2012年になりますが、ヘッジファンドのマネジャーのトップは2200億円もの年収を得ています。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事へ!
ヘッジファンドマネージャーの総資産額と収入って?