外貨建て個人年金のメリットとデメリット

12月 16th, 2014

自分の老後資金の形成のために、自分と家族のためだけの年金を積み立てるというのが、個人年金という考えかたの根本です。ただ、一口に個人年金といってもその種類には色々なものがあります。そこでここでは、個人年金の種類の一つである、外貨建てタイプの個人年金について考えていきたいと思います。

外貨建て個人年金というのは、日本円としてお金を積み立てていくのではなく、外貨として積み立てていくという方法です。これによるメリットは利率にあります。日本国内の利率というのは非常に低い場合が多いので、日本円で銀行などにお金を預けても、あまり増えることが期待できません。

外貨の場合は国毎の利率でもって積み立てていくことができるため、少なくとも日本よりも高い利率で積み立てることができる、というのが外貨建て個人年金のメリットとなります。

ただし、デメリットも存在しています。まず一つに、受け取り開始時の為替相場というものが受取金額に影響してしまうことです。積立期間が円安で受け取り期間が円高になっていると、元本割れを起こす可能性があります。こういった為替レートの変動というのは長期間で見据えることが難しいので、資金計画を立てにくいのがデメリットです。

オフショアファンドを節税目的に

12月 2nd, 2014

日本国は現在非常に厳しい財政状況にあります。そういった状況を解消するために実質的な好景気に向けたインフレターゲットの設定と、同時に多くの増税というものが検討されています。こういった状況の中で、増税を回避する方法というのはどういったものがあるでしょうか。

まず最大の方法であるのが、日本国の居住者ではなくなるということです。海外に拠点を移すことで日本国内の増税影響を受けなく出来るため、最近は海外移住者も増えているようです。ただし、これは言語の壁を超えなければならなかったり、生活習慣の違いを考えなければならないなど、簡単にできるものではありません。

では、より簡単に増税を回避する方法はないでしょうか?その一つであるのが、海外投資です。とはいっても、ただ海外の銀行に預金をするだけではいけません。日本の納税形態は属地主義なので、日本に拠点があれば海外の銀行に資産があっても課税の対象となります。ただし、ファンドを利用するのであればこの限りではありません。

例えばオフショアファンドなどはそのための効果も非常に高いとされており、マン島やケイマン諸島などへの投資が増えています。海外投資は節税効果としても高いものが期待できるのです。

海外投資のメリットについては以下のメディアもチェックしておきましょう。
「よくわかる資産運用」http://www.fcaabiennale2012.com/

大切な家族を守る資金運用

11月 17th, 2014

〝お金〟をただ貯金する時代は終わりました。今は、小額で投資をする環境も整い、手軽さにお金を増やすことができると人気を集めています。頑張って働いて貯めたお金をさらに増やすことで、あらに余裕ある暮らしも手に入りますよ!

お金を快適な暮らしを支えてくれる道具でもあります。自分をはじめ、大切な家族を守ってくれる武器でもある〝お金〟と上手に使って理想的な暮らしを手に入れてくださいね。そこで、おすすめなのが今年スタートした〝NISA(ニーサ)〟です。投資はしたことがないという人では、一度は耳にしたことがあるかもしれませんね。個人投資家向けの非課税制度は、投資を後押ししてくれる制度として、とても注目を集めています。

個人向けの投資ということもあり、ひとりひとりに合わせたカタチを選ぶこともできるのも魅力です。これから、ますます注目される個人投資の背景には、経済状況の不安定さがあげられるでしょう。そんな時代だからこそ、自分のお金は自分でしっかりと管理していくことが重要です。是非、この機会に〝NISA(ニーサ)〟について学んで、投資をしてみてくださいね。

その先には、自分をはじめ大切な家族を守るためのヒントが沢山ありますよ!

不動産投資はインフレヘッジにも使える

11月 2nd, 2014

アパートやマンションなどを購入して賃貸収入や売却益を得る不動産投資は、土地をベースに建物を建てる投資になるので、インフレに強い資産としてされています。インフレというのは貨幣や通貨の価値が下がることを意味しますが、アパートやマンションを所有することで、現金の価値が目減りするリスクに対応することができます。

現金の価値が下がるということは物価が上がることです。物価が上がってしまい、たとえば10%価格が上昇した場合(インフレ率10%)これまで100,000円で購入できたものが110,000円を支払わないと購入できなくなるということです。ということは、銀行で100,000円の貯金をしていたとして、金利が3%ついた場合には翌年には103,000円になるのですが、インフレ率が10%だった場合には現金の価値が下がっていることになります。これがインフレのリスクなのです。

不動産投資の場合は土地という資産を運用するので、インフレ率が上昇したら土地価格も一緒になって上昇するので、資産の目減りを抑える役割があります。債券や定期預金、固定利率の保険商品などに関しては金利が変動しないので、インフレヘッジにはなりません。

ヘッジファンドに勤務すると

10月 13th, 2014

ヘッジファンドというのは、富裕層や機関投資家などの限られた投資家から資金を集めて運用する資産運用会社ですが、このようなヘッジファンドに禁句しているとどのくらいの年収を得ることができるのでしょうか。

実力と実績の世界なので初年度から1000万円以上の年収を得ることが可能です。30代であっても数千万円もの年収を得ることはふつう。多い人では1億円の年収をもらうことも可能。通常のサラリーマンとは水準が違うほど、多くの給与を得ています。ただし、実力がない場合、会社に大きな損失を被らせた人などはすぐに解雇させられてしまうほど。年収が高いのでヘッジファンドに就職したいと思うかもしれませんが、簡単な世界ではありません。もうけられる人はほんの一握りなのです。

自分の担当している分の運用成績が悪ければ、ボーナスはおろか基本給も支払わないのです。さらにはクビということも珍しくない厳しい世界です。学歴が高いから偉いのではなく、もうけられる人が偉い世界といえます。

ヘッジファンドのマネジャーのトップになると数千億円もの年収を得ています。ちなみに2012年になりますが、ヘッジファンドのマネジャーのトップは2200億円もの年収を得ています。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事へ!
ヘッジファンドマネージャーの総資産額と収入って?